緊張・不安を無くすには?

「私緊張しているな・・・」

「なんとなく不安だなあ・・・」

「いや、大丈夫大丈夫❗(他の事で気を紛らす)」

そのように不安や緊張から逃れようとすればするほどそれらは追ってきます。

それでは逃れるにはどうしたらいいのでしょうか❓

それは、「そうだよね、不安になるよね」「ウォー私緊張してる!」

そんな感じで受け入れるしかないかもしれません。

有名なシロクマ実験

正式名称はわかりませんが「シロクマ実験」というような有名なお話があります。

大体ですがこんな感じです。

ある被験者たちに下記のことを伝えました。

  • シロクマのことを絶対考えてはいけない
  • シロクマのことを考えてもよい

どちらの方がよりシロクマのことを考えなかったでしょうか❓

それはやっぱり「シロクマのことを考えてもよい」と言われたグループの方がよりシロクマのことを考えることが少なかった。

緊張しないように、不安にならないように・・・などと一生懸命に考えていてもそれはなかなか難しいということをその実験は立証しているということです。

私はパニック障害があるので、「緊張や不安を拒否する」ということをしようとすると逆に増幅するということを何度も経験しています。

逆にドキドキしたりソワソワする症状を見つめて観察した方が比較的冷静でいられます。

「あー、ドキドキしているな」という感じで。

このようなことは私のようにパニック障害ではない人でも同様なのではないでしょうか。

ある程度のストレスはパフォーマンス度を上げるらしい

これは「マンガで分かる ゆうきゆう式ストレスクリニック」(ヤングキングコミックス)によると、ある程度のストレスはパフォーマンスを上げるそうです。

この本に関しては以前、マンガ本でメンタルヘルスを!でもご紹介しています。

どうしても「ストレス」というと悪者で敵視しがちですが、ある程度のストレスを意識して楽しむことは悪くない。

私も緊張しいなので、「うぁー、皆の前で緊張する❗」という場面になった時などは「その状況を楽しむ」ということを試みたことがあります。

しかし私はパニック障害があるので、なかなか楽しむまでは行かずつい自分の身体の状態に意識が向かってしまいます💧

なかなか難しい・・・

それでもストレスを楽しむことが可能な人はいます。

会社員時代の上司は、追い込まれれば追い込まれるほどまるで水を得た魚のように生き生きとしていました。

表情は溌剌、動きはキビキビ、声は張りが出る。

自分でも言ってました。

「すごい忙しくなったり、困難な状況になるの楽しいやん」と。

それを思い出すとまんざらその説は嘘ではないのかなと思います。

意識している時点で無理

まず何かをする、どこかに行くなどの場面で「緊張するなあ・・」「不安だなあ・・・」

そう意識してしまった時点でもうその考えを無くすのは難しいということです。

いつの間にか勝手に脳でそういった感情をこしらえてしまっているんですから🧠

それではどうすれば良いでしょうか❓

私はそれに対する対応策は「受け入れる」ことが最良だと思っているんですが、最終的には「意識しなくても気にならなくなっている状態」になっていればいいということです。

何度も場をこなすということですね☺️

そうすると苦手な状況でもいつの間にか意識しなくなっている。

そうでなければ繰り返しになりますが受け入れてやっていくしかない。

自分にとってどうしても緊張や不安を感じてしまうなら、ジタバタしても無理だと腹をくくることかもしれません。

逃げると結構癖になったりします💦

もし私のようにその感情の度合いが少し強く、例えば

「急行列車乗るのちょっと・・・💧」

「映画館のような閉鎖的な場所は緊張する・・・💧」

「外食がなんとなく不安・・・💧」

こういった典型的なパニック障害的思考、「その時ドキドキして苦しくなったらどうしよう」などと考えてしまう人はまず薬を飲むということから始まります。

まず飲んで準備して、それからトライする。

そして何度も繰り返すうちに慣れていき、いつのまにか考えなくなる。

もしゴールがあるとするなら「いつの間にか意識しなくなっている」という以前の状態に戻ること。

そんな感じです。

こういった高い所に登るのも緊張しますが、高いところが怖いって別におかしくないですよね。

自分の感情に向き合う大切さ

例えば悲しい時は思いっきり泣く😂

別に泣かなくてもいいんですが💧

悲しいのに無理に我慢してその感情を否定するとか、悲しくない振りをするといったことをするとどうなるでしょう。

よく「泣きたい時は思いっきり泣いていいんだよ」と言いますよね。

それは自分の感情に向き合った方が立ち直りが早いからです。

人前でワンワン泣いて感情を露わにしろと言っているのではなくて、家に返ってからこっそり悲しみに浸ればいい。

向き合わないと心の中に見えない「ゴミ」や「塵」のようなものが蓄積していっていつか悪さをします。

ちょっと変な例え話ですが、私は便秘に1週間以上なった時、太腿にびっしりブツブツが出来ました❗️

お通じが良くなったらそれは嘘のように無くなった。

腸の中の毒素が溜まっていたのかもしれません👿

これと同じだと言うのはちと強引かもしれませんが、頭の中に押しつぶした感情の残骸のようなものが溜まるのではと思っています。

これは「悲しい時」の場合に限ってではなく「怒り」などあらゆる感情に対して言えることですよね。

自分の感情に向き合うって、自分を大切にすることだと思います。

ちゃんと自分の心に耳をすませてあげる👂

自分を大切にできるのは、他でもない自分なのですから。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です