メダカ飼育日記7/7・メダカの卵発見

本当に連日の雨です☂️

雨が止んだ隙に「今だ!」と次男のさっぴーを幼稚園に送ります。

自転車🚲だから雨が降ってないときがチャンスなんです。

そして無事濡れずに送った後にメダカちゃんをチェック🐡

「お腹大きくなったな〜、もうすぐ卵しょったりするかな〜」

そしてさらに大きくなった肌色めだかさんを目で追うと・・・

何だか卵らしきものが糸みたいな線に繋がってひとつぶら下がっているのが見えます❗️

写真じゃ確認できませんが、1つだけゆらゆらぶら下がっている。

私が以前ググった時に確認した卵は、お腹にぽこぽこ抱っこする形で卵がくっ付いている写真だったのですが、なぜか糸みたいに「ブラーン」とひとつだけぶら下がっています😅

「どうすればいんだろう❓」

「1つしかないってことは、あとは水草に産卵したとか食べられちゃったとか❓」

よくわかりません😅

もしかしたらこのままブラブラしていたら、他のメダカに食べられてしまうのではと、網の中に捕獲して指で卵をなんとか取ってみました🐣

近所のおじさんから、「いい卵は硬い」と聞いていました。

初めて触った感覚は本当にコリコリしている❗

卵ってこんなに硬いんですね😁

そしてその卵を稚魚の鉢の水草にくっつけておきました。

丸で囲ったど真ん中にあるんですが、わかりずらい・・。

しかし他の卵はいったいどこにあるのでしょう?

ホテイアオイや水草を見ましたが卵らしきものはくっついていません。

食べられた?😳

近所のおじさんのホテイアオイには、はっきりと卵が目視できたんですが我が家の場合は見つからない。

これもわからない〜😖

もう少し観察しますが、産卵をしたというのは確かなようです。

私がたぶん小学校ぐらいの頃、兄か他の誰かがメダカを飼ったと思うのですが、その時水草にびっしり透明な卵がくっついているのを見たことがあるように記憶しています。

そんな様子をイメージしていたのでなんだか違う・・・私の夢なのでしょうか☹️

話は変わりますが、我が家はメダカの他にピンポンパールを飼っていました。

その2匹が水疱病で亡くなってしまい、いろいろと必要な手入れをしていなかったかもしれないということがわかった。

例えば水草や貝殻を入れるときは消毒するとか、下に敷いてある石を定期的に洗浄するなど。

これで水疱病が防げたかわかりませんが、ある日夫に言われました。

え?水草入れたときに消毒しなかったの❓

え、してないけど・・・(・_・;)

何か新しく入れるときは普通するでしょ!

そ、そうなの⁉️

そんな会話があったんですが、ピンポンパールさんには何だか申し訳ないことをしたような気分。

子供たちは新しい金魚を飼いたがっていて、とりあえずホームセンターに行ってみようということで見に行ってきました。

そしてとってもかわいい金魚を発見❗️

ボケてます😅 かわいいんです。

これは「らんちゅう」という金魚だそうで、黒い色といいブルドックを思わせる丸っこい顔といいすごく可愛いい🐡

特に長女はお気に入りで「飼いたい!」と訴えてきます。

私も悪くないと思う。

先日また長女に「いつ飼うの〜?」と聞かれました。

「梅雨があけたらね〜」と適当に答えて起きましたが、そこまで連日言ってこないのでもう少し様子をみようと思います。

飼えばちゃんとお世話しないといけませんからね😉

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です